幼児教育とは

幼児教育

幼児教育とは、小学校に入学する前の幼児期に行う教育全般を指します。
それぞれ通っている幼稚園や保育園で実施する場合や特別な塾に通って幼児教育を実施するケースがあります。
幼児期は人間形成に重要な時期です。
「三つ子の魂百までも」というように幼児期の記憶、体験というものは大人になっても忘れていない、体が覚えているもので、幼児期に親が行った躾、習慣が自分の中で「常識」になるケースも少なくありません。
一方で幼児期は体や脳の成長も急速に進むため「3歳までにスポーツ選手や音楽家になれるかどうかが決まる」などの説が流布しています。
このようなことから多くの親(特にお母さん)は自分の子供の将来のことを過度に心配し、少しでも早く、少しでも良い幼児教育を受けさせようと必死になります。
このような幼児教育が特化したものが幼稚園受験、小学校受験などのいわゆる「お受験」です。
もちろん幼児期に様々な体験をさせることが、その子の将来にとって有益であることは間違いありませんが、一番大切なことは幼児期にお母さんや身近な人たちとのコミュニケーション、スキンシップをとることであり、子供が落ち着いて、安心して暮らせることを実感できる、それが一番の幼児教育だといえます。