車線変更の常識

image1

車に乗っていると、当然車線変更をする必要がありますよね。
ところが、その車線変更がいい加減で、かなり怖い思いをすることが少なくありません。
車線変更の常識を、いまいちど見直してもらいたいものです。

■名古屋は車線変更が最悪?

別に名古屋全土ではないのでしょうが、「やたら車線変更をする地域」というのは全国に存在します。
法律でも、「とくに理由がない限り進路変更をしてはならない」と決まっています。

けれど、少しでも早く前に行きたいのか、車線変更を何度も行い、接触事故になりかけるケースは少なくありません。

■無理な車線変更も非常識

車線変更は、あくまで後ろから来ている車の邪魔にならないことが条件です。
接触しそうなほどギリギリに、しかもウインカーをハンドルを切るのとほぼ同時に出すのは、非常識。
事故を起こしてもしかたありません。

■進路変更は3秒前に合図する

なかなかそのとおりにはいきませんが、車線変更をするのなら3秒前にウインカーを出すのがルールです。
これも習ったはずの常識。

けれど、もっとずっと短い時間しかウインカーをつけない人もかなり多いですね。
特に、車線変更時は、なぜかまったくつけない人まで時々います。

カテゴリー

ピックアップ記事

Print

2015.12.21

小学校受験の家庭が年末年始に気を付けたい5つのこと

冬休みが近づきました。 小学校受験も一段落します。 年末年始は一時休戦です。 もちろん合格した家庭なら? 楽しいクリスマスやお正月が…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る