海外との違い

常識というのは多くの人が理解しておかなければならないものです。マナーと置き換える事も出来るかもしれませんが、時と場合によって変化するのはもちろん、環境などでも異なるでしょう。会社や環境が違えば常識が異なるのも当然です。そしてそれは国単位でもあるでしょう。日本の常識と海外で常識が違う事も珍しくありません。例えば海外との違いでよく言われるのが、日本はとにかく順番を守るという点です。それが「常識」と言ってしまえばそれまでなのですが、海外ですと横入りが横行しています(笑)そのため、海外の人は日本人が何も言われなくても順番を守って並ぶ事に驚く事も多いようです。もちろん、良い悪いの問題ではなく、風習などの違いから生まれるものです。とはいえ、どのような常識を持っているかによって品格が問われるといっても過言ではないでしょうから、どのような常識なのかを調べてみると、国民性や地域性などが見えてくるとも言えるでしょう。実際日本の常識はとてもモラルが高いことで知られています。そのような素晴らしい常識をいつまでも持った国いられるかどうかは当然日本に住む我々にかかっていますからね。

カテゴリー

ピックアップ記事

pixta_6653071_M

2016.4.4

新学年の対策はできてますか?注意すべき5つのポイントとは

アッと言う間に春休みが終わり、新学年が始まります。 社会人なら既に入社式は済みましたか。 今はまだ、頑張ろう!意欲がありますか。 反面…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る