電話対応

常識は様々なシチュエーションで求められるものでしょうが、中でも電話対応の際の常識はビジネスマナーの一つとも言えるほど大事なものです。電話対応の常識がなっていない場合、まとまるものもまとまらなければ、どうする事も出来なくなってしまう事もあるでしょう。特に電話対応の場合、双方顔を確認する事が出来ませんから、「表情」で伝える事が出来ません。すべて言葉で説明しなければなりませんから、言葉遣いが問われる部分でもあるのです。謙譲語や丁寧語など、相手の事を配慮したものが求められるのが電話対応です。自分が伝えたい事を伝えるだけではなく、顔の見えない相手への配慮も求められますので、その点をこそしっかりと考慮しなければならないでしょう。また、最近では電話対応と同じくらい常識が問われているのがメールでしょう。メールでの応対もまた、顔の見えない相手とのコミュニケーションになりますので、言葉遣いが問われるのです。かといって冷たすぎるものですと相手から良い印象を抱かれる事もないでしょう。このように、顔の見えない相手との話し合いは、常識が問われるとても難しいものなのです。

カテゴリー

ピックアップ記事

pixta_6653071_M

2016.4.4

新学年の対策はできてますか?注意すべき5つのポイントとは

アッと言う間に春休みが終わり、新学年が始まります。 社会人なら既に入社式は済みましたか。 今はまだ、頑張ろう!意欲がありますか。 反面…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る