学校との違い

昨今は塾に行くのが当たり前!という風潮になり、中学生の半分以上、受験前の中学三年生になると約7割が塾に通っているというデータがあります。本来学校が十分に機能していれば塾など必要ないのですが、ではいったい塾と学校との違いは何でしょうか?もちろんどちらも勉強を教えてもらう場でしょうが、塾と学校との違いは、塾は任意、子供の本心は別として、原則自主的に通っていることです。つまり塾は義務ではありませんので、授業態度が悪い、塾や教師の指導に従わないと私立学校のように退塾を迫られることがあります。逆に塾にはお金を払っている!と強気に出ることもできるでしょう。時に公立学校の先生は学習指導要領に縛られ、できることが限られてしまうという問題もありますが、塾では学校とは異なる、理解しやすいポイントに絞った、または学校では教えることのできない追加的知識を加えた指導法を活用することができる点も塾と学校との違いと言えるでしょう。なお塾と学校との違いとして、塾の教師に資格はいりません。そのため変な教師やアルバイトの大学生がいるのも事実ですが、言い換えると、学校の教師という枠に入れないカリスマ?教師がいるのも塾と学校との違いです。

カテゴリー

ピックアップ記事

pixta_6653071_M

2016.4.4

新学年の対策はできてますか?注意すべき5つのポイントとは

アッと言う間に春休みが終わり、新学年が始まります。 社会人なら既に入社式は済みましたか。 今はまだ、頑張ろう!意欲がありますか。 反面…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る