ワーキングホリデーの規則

ワーキングホリデープログラムに参加する為には、どんな規則があるのでしょうか。
ワーキングホリデーとは、日本とワーキングホリデー協定を結んでいる外国に、就学や就労、旅行などの目的で、1年?2年のビザが出されるシステムの事で、対象者は、18歳?30歳で、日本国籍がある事が条件になっています。
また、アイルランドの場合には、25歳までですが、フルタイム労働などをしていた場合には、30歳までワーキングホリデーの申請が出来るそうです。
ただ、ワーキングホリデーは、ひとりでビザを取る必要がある為、年齢面は条件を満たしていても、子供連れでワーキングホリデーのビザをとる事は出来ないと言われています。
さらに、ワーキングホリデーは、国によってその年の定員が異なるため、ワーキングホリデーが一般的なオーストラリアでは定員も多く、ビザも取りやすいのですが、ヨーロッパのフランスやイタリアでは人気が高い分、競争も激しいと言えるでしょう。
特に、フランスのワーキングホリデービザを取る為には、フランス語の能力やフランスを選んだ理由などの書類を提出する必要がある場合もあるそうです。

カテゴリー

ピックアップ記事

Print

2015.12.21

小学校受験の家庭が年末年始に気を付けたい5つのこと

冬休みが近づきました。 小学校受験も一段落します。 年末年始は一時休戦です。 もちろん合格した家庭なら? 楽しいクリスマスやお正月が…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る