転校は子供の負担が大きい

pixta_14260114_M

日本では小学校と中学校が義務教育です。
とはいえ適正な届出をしないと学校に通えない?
そんなケースが少なくありません。
本来は住民票に基づいて、居住する市区町村から入学の案内が来ます。
ずっと同じ場所に住んでいれば問題ありませんが、親の仕事の関係など転居することがあるでしょう。
この場合は同一市区町村内であっても、学区の違いがあるので、転校を余儀なくされることになります。

親にとって転校は手続きが面倒?
逆に子供は友達と別れなければならない!
これは納得しがたいものがあります。
もちろん単身赴任!もありますが、家族一緒に暮らすことが結果として子供の成長にプラスなので、転校は止むを得ません。

なお裏技?
転校せずに越境通学という手段もあります。
さらに卒業間近?
小学校6年生や中学校3年生であれば、あえて転校させない!ことも稀ではありません。

ちなみに高校は、公立であっても範囲が都道府県なので転校はほとんどありませんし、他の都道府県へ親が転出しても学校はそのまま続けさせる?
そもそも高校を転校するには別途編入試験が求められるので、落ちるリスクなど負担が大きくなることもあり、片親が残る?
寮や下宿?を利用することが一般的です。

カテゴリー

ピックアップ記事

Print

2015.12.21

小学校受験の家庭が年末年始に気を付けたい5つのこと

冬休みが近づきました。 小学校受験も一段落します。 年末年始は一時休戦です。 もちろん合格した家庭なら? 楽しいクリスマスやお正月が…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る