子供の思考力を高めたいなら、一緒に本屋へ行きましょう

Thinking child with a blackboard in the background

本屋の幼児向け本コーナーに行くと、
座り込んで本を読んでいる子供と遭遇します。
それを見てどう思いますか。
微笑ましい?躾ができてない!
当の本屋さんにとっては?
本が汚れる?売れればよい!
とはいえ他人の眼を気にせず
子供を連れて本屋へ行きましょう
子供にとって重要な出会いが待っているからです。

手で触れることが重要です

子育てに忙しいと、のんびりとすることができませんね。
子供を本屋へ連れて行くのも億劫になりそうです。
とはいえ実際に本を手で触れることが大切です。
本屋さんには申し訳ありませんが、
ページをめくると何が出てくるか?
そのワクワク、ドキドキ感が、子供には大切です。
自宅でタブレットやスマホのページをめくる方が楽です。
図書館から借りた方が経済的かもしれません。
しかし新刊の手触りや印刷の臭い、
そして色感覚などが子供の五感を育てます。

自分の物である!だから愛着が湧きます
何回も読み返すことにより、記憶力も高まります。

背表紙を眺めるだけでも

大人でも同じですが、10分の時間があれば、本屋へ行きましょう。
じっくり読めなくても、背表紙を眺めるだけでメリットはあります。
新しい本は入ったのか?先日気になった本はまだあるのか。
次来る際の品定めにもなります。
記憶力や動体視力など、脳のトレーニングにもなります。
子供ならば直ぐに、欲しい!ぐずるかもしれません。
そこで我慢することを覚えます。
本当に必要なものを選ぶ能力も養えるでしょう。
もちろん大人が衝動買いしていれば見本になりませんが。
とはいえ教育上不可欠な本であれば、即買いましょう。
次回訪れた時に、残っている保証はありません。

無駄が人生を豊かにする

・本屋に行く時間がない
・時間がもったいない
・本は嵩張るし重いから
様々な理由から、ネットの本屋さん、デジタル書籍も人気です。
とはいえ本屋でブラブラする時間、この無駄が人生を豊かにします。
目的がないからこそ、本屋に行く価値があるのです。
逆に5分と決めて店へ入る!
そういうメリハリの利いた生活をした方が、
意外と時間の有効利用ができるようになるものです。
頻繁に本屋へ行く人は、ひいき目かもしれませんが、
周りでも有能な、便りになる人ではないですか。
多くの本に囲まれて、豊かな気分になれれば、
それだけで幸せな人生
になりますよ

ネットショップは急ぎの時のみ

急いで欲しい本もあります。
そういう際にはネットショップが便利ですね。
翌日配達もできます。
一方で本屋さんで注文すると?
数週間かかります!絶句しますね。
だから本屋は潰れてしまうのでしょう。
本が売れない!嘆く前に、やることはありそうです。

ネット通販では見えないものがある

ネット通販は、買う本が決まっている際には効率的です。
しかしその本の周りにある本へ目を向けることも重要です。
類似する本はあるのか?そうやって知識が広がります。
例えるなら電子辞書と紙の辞書との違いでもあります。
電子辞書は、ピンポイントで知るには有益です。
ただし関連情報を得ることはできません。
電子辞書に頼っていては?学力が伸び悩みます。
本屋に関しても、同じことが起きているようです。

本が訴えています

本屋に行くと、不思議と眼が止まってしまうことがあります。
本が訴えています。
私を買って!
理由はわかりませんが、そういう出会いが大切です。
子供の頃から、そうした機会を与えてあげましょう。
もちろん科学的ではありません。
しかしそんなきっかけが、将来の夢を創ります。
子供を導いてくれることもありますよ。
親にも、人生を決めた本が、きっとあったはずですが。

読解力が身に付きますよ

本屋巡りが好きになったり習慣になれば、
本が好きになります。本を読むようになります。
すると読解力や思考力が身に付きます。
もちろん親が読書好きであれば、もっと好都合です。
部屋で勉強ばかりさせるよりも、一見遠回りですが、
自主性も身に付く
ので、有効な学習法です。

カテゴリー

ピックアップ記事

pixta_6653071_M

2016.4.4

新学年の対策はできてますか?注意すべき5つのポイントとは

アッと言う間に春休みが終わり、新学年が始まります。 社会人なら既に入社式は済みましたか。 今はまだ、頑張ろう!意欲がありますか。 反面…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る