子育てに悩むママ必見です。男の子が一度は通る5つの道

pixta_18302003_M

子育てに悩むママは多いでしょう。特に男の子は、何を考えているのか?心配するケースもありますね。そこはパパがしっかりとコメントすべきですが。一緒になって遊んでいる?ママの怒りはマックスですね。では男の子を育てる上で注意すべき点は何か?逆に男の子なら一度は通る道を知っておくと安心できそうですね。

 

男の子は「バカ」です

男の子はカブトムシと思え!ある方が説明してくれたとか。言い得て妙です。行動に一喜一憂するのではなく、生態を観察しろ!そういうことのようです。そうです、基本的に男の子は「バカ」です。何をするかわかりません。本当に思ったことを言ったりやったりしますね。でもそれが大切なのです。

そうやって大人になっていきます。変に言動を制限すると、それが内に篭るようになり、おかしな男になってしまう危険があります。他人に危害が加わらない限りは、傍観しておきましょう。もちろん親として世話を含めた介入しすぎない!疲れるだけですから。

 

男の子が一度は通る道とは

女性にも一部マニアはいます。しかし多くの女性には理解できない、男の子が一度は通る道は、次のような事柄です。

 

1 虫

男の子はカブトムシというくらいです。虫が好きですね。特に幼児期は、小さな動くものに興味を示すのでしょう。パパが一緒に昆虫採集などをしてくれると楽ですね。ただしゴキブリやハエ、カなどの衛生害虫へは向かわないようです。親の「常識」が影響するのでしょうか。

とはいえほとんどの子は一時的な興味であり、中学生になれば、嫌いではないでしょうが、ムシするようになります。なお虫好きに育てておくと、ゴキブリ退治に重宝しますよ。

 

2 恐竜や怪獣、戦隊物

今でも、将来の夢はウルトラマン!そういう子はいますね。夢が嵩じて円谷プロで働いてくれたら、嬉しいですけどね。もっと現実的には恐竜です。こちらは博物館で学芸員になる!そんな期待もできます。とはいえこれも、中学生くらいになれば、落ち着くでしょう。ママも一緒に怪獣の名前を覚えましょう。老化防止に役立つかも。

 

3 乗り物

小さい時から、車や電車に興味を示します。もちろん大人になっても鉄道マニアはいますね。今ならデジカメがあるので、撮り鉄にはなりやすいですね。一方で昨今は女子でも軍事マニアが増えています。自衛隊方面へ進んでくれるのでしょうか。それもちょっと心配です。乗り物系は、マニアックさはなくなりますが、完全に消えることはないみたいです。ちなみにパパも車が好きですか。

 

4 スポーツ

現実的そうですが夢で終わってしまうのがスポーツですね。今はまだサッカーブームでしょうか。
とはいえプロサッカー選手になれる子は、極めて稀ですね。ならば中学や高校での部活にどこまで力を注ぐかです。受験勉強を優先して欲しいですが。もちろん若い間にスポーツをしていた方が、人格や体力の形成、そしてストレス解消には有効です。健全な成長を促してあげましょう。

 

5 下ネタ

ママにとって一番心配であり、かつ嫌なものは下ネタでしょうね。知らない人の前でも、突然変な言葉を叫んでしまいます。しかしこれも通過儀礼です。思春期になると、もっと衝撃的なことも起きます。

とはいえ思春期になると羞恥心が生まれてきます。親とは隔絶したがります。逆に隔絶が起きないと、子供は正しく成長できません。なおこの分野で成功する鍵は、ママの子離れです。過保護や過干渉、過度な制約は、男の子の成長に際して有害です。適度な距離感を保ちましょう。

 

心配しないで

男の子が何かに熱中し出しても、心配しないで大丈夫です。特に小学生で興味を持っているものがあれば、それを伸ばしてあげましょう。例えば昨今無気力?目的意識が持てない若者が増えている原因は、小さい時にすべてを制限されたからかもしれません。好きなことを伸ばす!それが人生の目標になり、仕事になる。これが本来の姿ですよ。昆虫学者では生活できない?好きなことが仕事になれば、それこそ最高の幸せです。

カテゴリー

ピックアップ記事

Print

2015.12.21

小学校受験の家庭が年末年始に気を付けたい5つのこと

冬休みが近づきました。 小学校受験も一段落します。 年末年始は一時休戦です。 もちろん合格した家庭なら? 楽しいクリスマスやお正月が…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る