簡単に我が子のいじめを見抜く5つの方法

pixta_5514101_M

いじめを苦にした自殺が減りません。
そもそも自殺することによって?
いじめが発覚する!
本末転倒の事態が横行しています。
死なない程度のいじめ?
日常茶飯事でしょう。
とはいえ我が子が死んでから?
いじめがあった!
気付いても遅いですね。
では未然に防ぐ方法はないのでしょうか。
我が子がいじめられている?
逆にいじめている!
それを見抜く方法はあるのでしょうか。

 

■いじめを見抜く方法とは

いじめは犯罪です。
そういう強い意志を持ちましょう。
後々加害者を責めるのは簡単です。
とはいえそれは責任転嫁?
親の自己満足に過ぎません。
我が子を絶対に守る!
親としての自覚を持ちましょう。
そのためには様々な方法を駆使しましょう。

 

1.LINEやSNSをチェックしよう

時代が変わっています。
スマホを子供に持たせているなら?
LINEやSNSを逐一チェックしましょう。
配偶者や恋人のスマホをチェックする技術があれば?
子供でも同じようにやってみましょう。
夫婦は他人ですが、子供は血がつながっている?
血縁だから信じたい気持ちもあります。
しかし親子といえども別の人格です。
本心はわかりません。
こちらも確実な証拠を押さえましょう。
例えば夜9時以降はスマホを取り上げる!
勉強に集中させたり健康を気遣う意味でも有効です。
時代に応じた子供の守り方を探しましょう。

 

2.金遣いが荒くないか

いじめで多いのは、金銭が絡む問題です。
昔もありました。
親の財布からお金を抜く!
そんなことはありませんか?
子供の金遣いが荒くなったら?
何かの変調です。
問い質してみましょう。
初期段階であれば、子供も改心します。
しかしある程度進んでしまったら?
子供であっても考えます。
万引きや援交など別な手段に訴えることもあります。
一方で買い与えたゲームや漫画などは部屋にありますか?
中古ショップなどに売っているケースもあります。
逆に買った記憶がない物が部屋にあれば?
いじめる側にいるかもしれません。

 

3.傷や痣はないか

昨今はタイマン的な喧嘩がなくなったようです。
一方で集団的な暴行が増えています。
そういう意味では傷や痣がありませんか?
もちろん顔など目立つところに傷はないでしょう。
変な話ですが、お風呂を覗くのも一法です。
下着に血が付いていませんか?
服が破けている?
変な汚れ方をしている!
または身体を触ってみて痛がる仕草はないか?
中には大怪我を隠しているケースもあります。
問い質すと?
道で転んだ!
今時それはありえない言い訳ですよ。
逆に簡単に転んでしまうなら?
身体のどこかがおかしい証拠です。
直ぐにお医者さんへ行きましょう。

 

4.夜に出かけるようになった

夜に出かけることはありませんか。
基本的に未成年であれば、
夜の9時以降に外出させてはいけません。
もちろん塾もあるでしょう。
その場合には、帰宅時間をチェックしましょう。
そもそも本当に塾へ行っていますか?
塾の先生に尋ねてみましょう。
なお第三者には本音を漏らしていることもあります。
相談してみましょう。
塾の先生の方が、子供を観察しているものです。

 

5.子供の態度が変わった

いじめられている場合には?
親に心配をかけたくない!
そんな葛藤があります。
また思春期であれば?
親子の会話が減るのは当然です。
とはいえ親からは積極的に会話をしかけましょう。
子供から話しやすい雰囲気を作ってあげましょう。
毎日言葉をかけていれば?
反応が薄くても、子供の態度が変わる瞬間がわかります。
なお生活習慣にも変化は現れます。
風呂に入る時間が長くなった?
朝起きるのを嫌がる?
ボーっとしていることが多い?
文房具を失くした?
小さな変化を見逃してはいけません。

 

■子供を観察しましょう

どんな事件でもそうです。
後付け的に、そういえば!
そんな話が出てきます。
それは後の祭りです。
逐一子供を観察しましょう。
子供は明確なサインを出しています。
忙しい?
それを理由に親が無視しているだけです。
そこから大人への不信感を抱きます。
相談しても意味がない!
そう思われたら終わりです。
親だけは味方になってくれる!
そういう信頼感を築きましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

Print

2015.12.21

小学校受験の家庭が年末年始に気を付けたい5つのこと

冬休みが近づきました。 小学校受験も一段落します。 年末年始は一時休戦です。 もちろん合格した家庭なら? 楽しいクリスマスやお正月が…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る