幼児教育で大切なのは?日々の食事ですよ!

imasia_358984_M

鉄は熱いうちに打て!
三つ子の魂百までも!
幼児教育を推奨する諺かもしれません。
しかし我が子は一向に変わらない?
そもそも鳶は鷹を産みません。
蛙の子は蛙です。
とはいえ諦めてはいけません。
幼児教育の基本を間違えているのかもしれません。
つまり外面だけを飾っても剥れ落ちるだけです。
まずは健全な身体を作りましょう。
すなわち幼児教育で大切なのは?
日々の食事なのですから。

■脳を鍛える癖を付けましょう
脳は死ぬまで成長します。
最新の医学によれば?
傷付いた神経細胞が再生したり他の部分で補うことが確認されています。
老化でぼける?
単に鍛えていないだけです。
身体と同じです。
常に鍛える習慣があれば?
脳はいつでも活性化します。
そういう意味では?
幼児教育の一環で脳を鍛える癖を付けましょう。
ただし親にそうした癖があるのか?
やっぱり鳶は鷹を産まないのでしょうか。

■脳へ十分な栄養を補給しましょう
根本的に脳は?
栄養を溜めることができません。
今必要なエネルギーは?
今供給しなければなりません。
そういう意味でも脳を鍛えるには?
日々十分な栄養素を補給することが不可欠なのです。
なお昨今は子供の好き嫌いを無理に矯正しない風潮があります。
とはいえ大切な栄養素が不足しないように?
調理法を工夫してみましょう。

■しっかり噛んで食べましょう
顎が張ってしまうから?
しっかりと噛まないで食べる若者が多いようです。
しかし噛む習慣を付けないと?
老化が進みやすいようです。
噛むことにより脳が活性化されます。
ガムはボケ防止につながるとか。
子供の場合も同じです。
噛む習慣がある子供の方が学力は伸びやすい!
噛む回数が少ない子供は消極的だったり運動能力も劣りがちなようです。
噛めば食べ物の美味しさも実感できます。
好き嫌いがなくなることもあります。
まずはここから幼児教育の下地を作りましょう。

■子供に必要な五大栄養素とは
幼児教育を成功させたいなら?
子供に必要な、いわゆる五大栄養素を過不足なく与えましょう。
もちろん食べ過ぎや偏った食事は?
肥満を促します。
こちらも注意です。

1.糖質
糖質とは甘いものです。
ならば虫歯の原因になりそうです。
それでも脳の直接的なエネルギー源は?
糖質です。
糖質が不足すると?
脳が十分に働けなくなります。
そもそも虫歯は?
歯磨きに原因があるのでしょう。
変な責任転嫁はいけません。

2.脂質
脂質は肥満の源?
しかし機械と同じです。
潤滑油が必要です。
脂質が足りないと?
身体がかさかさになったり寒さに耐えられないこともあります。
変な方へ気が行ってしまい?
教育どころではなくなります。
とはいえ本当に不足しているのは「資質」か。

3.タンパク質
タンパク質は筋肉を作ります。
筋肉が足りないと?
姿勢が悪くなります。
姿勢が悪いと?
脳に血液が上手く流れません。
疲れやすくもなります。
これではどんな幼児教育を受けても?
馬の耳に念仏です。
子供には動物性タンパク質の補給に努めましょう。

4.ビタミン
実質的な潤滑油はビタミンです。
特にビタミンは代謝に関係する補酵素として働きます。
つまりビタミンが不足すると?
新陳代謝が衰えます。
脳や身体の活性にも影響が現れます。
野菜嫌いの子もいるでしょう。
とはいえ調理法次第です。

5.ミネラル
ミネラルは微量ですが一定量を満たさないと様々な支障を来たします。
例えば酸素の運搬に不可欠なヘモグロビンは?
鉄が主成分です。
カルシウムが不足すると?
イライラしやすいと言われます。
マグネシウムの欠乏は?
脳の発達が遅れやすいとか。
クロムが足りないと集中力が低下する?
とはいえ通常の食事をしていれば?
ほとんど問題はないはずです。

■食育こそ幼児教育の基本です
国も食育に力を入れています。
食育とは?
食事の重要性を意識させる教育です。
この食育こそ?
幼児教育の基本です。
栄養バランスのとれた食事によって基礎体力をつける。
食事や食べ物のありがたみを知って謙虚な気持ちになる。
すると様々なことに対する知的欲求も現れます。
自分から知りたくなる?
それこそ幼児教育の入り口です。
無理強いしても?
伸びるどころか嫌いになるだけです。

カテゴリー

ピックアップ記事

pixta_15381575_M

2015.12.3

2016年度の小学校受験は一段落?結果は如何に

小学校受験は、他の受験とは異なり秋がシーズンです。 12月を迎える現在、2016年度入学者に対する受験が一段落しました。 とはいえ結果は…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る