「赤本」はまだ解くな!基礎徹底学習法3選

pixta_12953809_M

さて、12月になってしまいましたね。
公立高校受験まであと3ヶ月。
大学入試センター試験まであと1ヶ月。
推薦入試などは、そろそろ結果が出てきているところです。

この時期になると、焦ってくる中高生多数。
私も学習塾を経営していますが、駆け込み受講のお問い合わせをいただく時期です。

この時期に焦るとやってしまうのが、「とりあえず入試の過去問を解く」という学習法。
たしかに、センター試験などの特殊な問題ではそういう手もありますが、十分な学習を積んでこなかった人がこの時期に焦って難しい問題にあたるというのは逆効果です。
やっとエンジンのかかってきた「ヤバイ!」という中高生は、ぜひ読んでくださいね。

「基礎」は「基」となる「礎」

私は、この時期に駆け込み受講を希望する受講生に対し、とにかく基礎を徹底させることから始めます。
「この時期にそんなことをしていたら間に合わない!」と焦る気持ちもわかりますが、そもそも「基礎」とは、「基(もと)」になる「礎(いしずえ)」。地盤を固めずに家を建てようだなんてことがいかに恐ろしく脆いものなのかはわかるでしょう。
足場が不安定では、作業も捗りません。
だからこそ、本気で「ヤバイ」のなら、きっちり基礎を抑えるべきなのです。

基準は「解答が読める」かどうか

では、今「基礎」から始めなければならないかどうかは、どうやって判断すれば良いのでしょうか。
答えは簡単です。
問題集の解答を読んで、解答がスラスラ理解できるかどうかです。

難易度が上がれば上がるほど、解答には「このくらいわかって当然」という省略が増えます。
その省略部分を脳内で簡単に埋められるのなら、その問題集は解いていいです。
「え、なんでこの行の次これなの??」などと理解できないのなら、基礎に立ち返ることをおすすめします。

おすすめの基礎徹底学習法

それでは、おすすめの基礎徹底学習法を紹介しましょう。
まずは、自分に合ったレベルの、できるだけ薄い問題集を用意してください。厚いものはこの時期には適しません。

1.スパイラル学習法

スパイラル学習法は、定着するまで何度も繰り返す学習方法です。
まずは、大問を1つ解きます。
そして、丸付けをします。
正解なら、その問題はスルー。
間違えたなら、その問題に付箋を貼っておきます。その後、解答を読んで理解し、理解できたと思ったらもう一度解きます。
解けたら、次の問題へ進んで、同様にします。

翌日は、付箋の付いている問題から始めます。
さらっと解けたら、付箋をはずす。
ダメだったら、付箋はそのまま。
これを毎日繰り返します。

ポイントは、「睡眠を取ったら翌日」とカウントすること。
仮眠は除きます。
同じ日では「わかったつもり」が積み重なるので注意しましょう。

2.○×学習法

一問一答の問題などは、○×学習法がおすすめです。
問題を問いて、正解したら○、そうでなければ×を書きます。
問題集には直接書き込まないようにしましょう。

翌日、×の付いている問題を解きます。
解けたら、×の上に○を付けます。

さらに翌日、○のない問題を解きます。
大切なのは、「×の上に○」は「○」ではないということです。
つまり、一度間違えた問題は、最低2回正解しないとクリアにならないということです。
二度間違えたなら、×を消すために2回、○にするために1回、計3回正解しなければなりません。

3.解答加筆法

数学などの学習では、解答に公式などを書き加えていく方法もおすすめです。
「自分のレベルに合う解答に仕上げる」つもりで書き加えていきましょう。
そうすることで、手軽に「学習のまとめ」ができます。
一からノート整理をする余裕はありませんからね。
焦った時ほど、基礎が大事。
年内に基礎力を固めてしまいましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

pixta_6653071_M

2016.4.4

新学年の対策はできてますか?注意すべき5つのポイントとは

アッと言う間に春休みが終わり、新学年が始まります。 社会人なら既に入社式は済みましたか。 今はまだ、頑張ろう!意欲がありますか。 反面…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る