2016年度の小学校受験は一段落?結果は如何に

pixta_15381575_M

小学校受験は、他の受験とは異なり秋がシーズンです。
12月を迎える現在、2016年度入学者に対する受験が一段落しました。
とはいえ結果はどうなったのでしょうか?
まだ良い知らせがない人も?
チャンスは残っているようです。
最後まで諦めてはいけません。

■二次・三次募集が続いています
小学校受験のシステムを知っている人にとっては当然なのでしょう。
しかし知らない人には?
ちょっと違和感があるかもしれません。
つまり本番の受験が終わっても?
二次、三次の募集が続いているからです。
もちろん小学校受験は一発勝負です。
義務教育という縛りがあるため浪人は許されないからです。
ただし厳密には一発ではない?
敗者復活戦が待っています。
例えば12月や来年の1月でも受験できる私立小学校は多数あります。
なお著名な小学校受験は?
倍率も高いので本当に一発勝負です。
とはいえとりあえず私立小学校!
そんな人たちには?
神は救いの手を差し伸べています。

■結果はどうなっているか
まだ正式な発表は、どの小学校からも出てはいません。
そもそも当人以外には?
正式な発表などありません。
教育関連業者などは?
裏情報を集めたり推計するのみです。
では現時点においてわかっていることは何でしょうか?
現在のところは大きな波乱もなく、例年通りの結果になっているようです。
もちろん波乱があるのは?
これからですけど。
今後の報告にご期待ください。

■国立小学校では抽選がある
国立小学校は、公立です。
そのため公平性が求められます。
学費が安いので、志願者も多くなります。
とはいえすべての願書を受け付けるわけにはいきません。
作業が膨大なるためです。
ではどうするか?
一次試験?
抽選で大きく篩にかけます。
例えば2016年度入試の状況をみてみましょう。

1.東京芸術大学付属大泉小学校
男子の志願者785名に対して、受験番号の下1桁が1、2、3、5、6、7、9の人たち計550名を一次合格としました。
合格率は70%です。
同様に女子は志願者679名に対して同0、1、2、3、4、6、7、8の人たち計543名が一次合格です。
こちらは合格率80%です。
男子の志願者が多かったためであり、原則は男女同数程度とします。
なお今年度は志願者が比較的少なかったようです。
つまり志願者が多ければ?
合格率を下げます。
例えば2009年度の入試は50%でした。
2010~2014年度までは60%でした。
シビアな世界です。

2.東京芸術大学付属竹早小学校
こちらはもっとシビアです。
下2桁で抽選します。
すなわち男子の志願者は1267名でした。
そのため下2桁で28個を選びました。
合格率28%です。
結果として一次合格者は353名です。
これでも膨大な人数ですね。
入学定員はたった20名なのですから!
一方で女子は志願者が1218名でした。
合格率はこちらも28%であり、一次合格者が340名です。
この小学校では、ここ数年一次合格率30%以下で推移しています。

■抽選は公平なのか
抽選で合否を決めるのは公平なのでしょうか?
難しい判断です。
しかし小学校受験では?
ツキも実力のうちなのです。
「持っている」人しか入学できないのです。
エリートとは?
そういうものかもしれません。
とはいえ入っても安心できません。
国立学校では?
中学、高校、大学への進学が私立学校のようにストレートではありません。
よりシビアな選抜を受けることになります。
そこまでするか?
見ていてかわいそうなくらいです。
それでも健気に頑張れる子供、そして保護者こそが?
選ばれた人と呼ばれるようです。

■編入という方法があります
小学校受験に失敗した!
しかし諦めてはいけません。
リベンジのチャンスはあります。
つまり編入という方法があります。
もちろんすべての小学校で毎年あるわけではありません。
欠員が出た際に実施されます。
早ければ11月には募集要項が発表されます。
そのため情報収集に努めましょう。
基本的には小学校個々のウェブサイトをチェックしましょう。
一方でお受験情報などを提供するサイトなどでも?
関連ページを整備しています。
そちらをお気に入りにしておくと重宝するでしょう。
小学校受験は?
保護者の意気込み次第?
情報戦です。

カテゴリー

ピックアップ記事

Print

2015.12.21

小学校受験の家庭が年末年始に気を付けたい5つのこと

冬休みが近づきました。 小学校受験も一段落します。 年末年始は一時休戦です。 もちろん合格した家庭なら? 楽しいクリスマスやお正月が…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る