英会話力を高めるためのワンポイントレッスン

学校の英語教育だけでは英会話力が高まりません。
しかしちょっとしたポイントを掴めば?
急速に上達する自分に出会えるでしょう。
では英会話教室でも教えてくれない?
英会話力を高めるためのワンポイントレッスンを無料でこっそり伝授しましょう。

■ヒアリング力を高めるには
英会話の第一は?
相手の言っていることを感じ取る!
つまりヒアリング力です。
学校教育の英語が染み付いていると?
ちょっと厄介なこともあるようです。
◆1.タチツテトはラリルレロ
日本人はローマ字読みが染み付いています。
これこそ日本人の英会話が通用しない原因です。
ちょっと大袈裟でもよいので「T」の発音であるタチツテトを「L」の発音であるラリルレロで聞いてみましょう。
例えばwaterはウォーターではなくウォラァです。
またbetterもベターではなくベラァです。
ちなみに英語圏の人は伸ばす長音「ー」が苦手です。
専門的に分析すると?
日本人にとっての長音は、英語では「アア」などの二重母音になっています。
◆2.「リエゾン」を意識しよう
リエゾンとはフランスの文法ですが、英語でもあります。
つまり二つ以上の単語が続けて発音されるケースです。
例えばput it onはプリロン。
like itはラキットです。
もちろんこれはスピーキングにも通じる技です。
熟語としての意味がある!
そう考えるとよいかもしれません。
実際に英語は熟語の理解が鍵です。
◆3.英語のリズムに乗ろう
英語には独特のリズムがあります。
ちょっとリズムを変えるだけで、意外なほど聞き取れるものです。
「ハ~イ、ジョ~ン!」
こんな挨拶をイメージしましょう。
英語関係のCDやテレビ、ラジオなどで体感できます。
なおおすすめなのは?
在日米軍の放送局であるAFNです。
◆4.英語は英語で考える
英語の読み書きならば、和訳するのは有用です。
しかし英会話であれば?
場の流れが大切です。
逐一相手の言っていることを日本語に訳し、日本語で考えて、英語に訳して、英語で話す?
こんな作業をしていれば、会話になりません。
そこで英会話が上達したければ、英語で考えましょう。
例えばdogはイヌではなくdogという生き物です。
慣れると一気に上達した気分になります。
◆5.相手の言葉を繰り返す
「学び」は「真似び」が語源とか?
子供はお母さんとの会話から言葉を学びます。
英会話も同じです。
相手の言うことを繰り返して真似てみましょう。
これは日本語の会話技術でもあります。
それだけで会話が進んでいるような雰囲気になるものです。
もちろん話の流れが確認できるし、間違いを指摘してくれることもあります。

■スピーキング力を高めるなら
ただ黙って聞いているだけなら講演会です。
しかし英会話であれば自分から発することも重要です。
とはいえ相手が理解できるような発音方法が求められます。
◆1.語尾の子音字は無視
日本人は単語の語尾をはっきり言ってしまいます。
例えばmilkはミルク?
しかし実際にはミウッです。
この最後の「ツ」も限りなく「ク」に近づけます。
このように単語の語尾にある子音字は極力無視してみましょう。
スムーズな発音ができます。
◆2.英語の相槌を知る
英語独特の相槌があります。
例えば「アーハー」「ユーノー」などです。
外国人のヒーローインタビューなどを参考にしてみましょう。
もちろん個人的な癖もありますが。
◆3.ネイティブ神話を捨てる
そもそもネイティブな発音ではないと通じない?
そんな神話を捨てましょう。
綺麗な英語を話しているのは?
イングランドに昔から住む教育の行き届いた一部の上流階級者のみです。
アメリカ英語も案外雑です。
母語でない人たちは、もっといい加減です。
開き直ることも大切です。
自信を持って発言しましょう。
◆4.和製英語に気を付ける
和製英語にも気を付けましょう。
たとえばパソコン、ガソリンスタンドなどは通じません。
別な意味で捉えられてしまいます。
英語ネイティブの人たちに尋ねてみると良いでしょう。
◆5.知っている単語を並べる
どうしても困ったら?
とりあえず知っている単語を並べてみましょう。
日本語も同じです。
「減った!腹!」でも通じますね。
細かい文法を気にすることもありません。
会話とは、雰囲気であり、場の流れです。
英語のテストではありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

pixta_15381575_M

2015.12.3

2016年度の小学校受験は一段落?結果は如何に

小学校受験は、他の受験とは異なり秋がシーズンです。 12月を迎える現在、2016年度入学者に対する受験が一段落しました。 とはいえ結果は…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る