資格試験を受験するためにはどうするか

pixta_18864103_M

大手企業に勤めていても?
いつリストラされるかわかりません。
大手のブランドは、安心を提供してくれません。
ならば自分や家族を守るにはどうするか?
資格を取りましょう。
資格は裏切りません。
難しい資格ほど安定しています。
若い間から将来設計を企てるべきでしょう。
とはいえそのための受験勉強も大変です。
実際にどうすれば良いのでしょうか。

■司法試験
日本における超難関の資格は何か?
司法試験でしょう。
司法試験に合格すれば?
裁判官や検察官、そして弁護士になれます。
かつては司法試験の受験に一生を捧げた!
司法浪人が多くいました。
もちろん人間はミスをします。
一度の失敗はご愛嬌です。
しかし同じ轍を踏む人は?
その分野に向いていないのかもしれません。
早めに見切りをつけることも重要です。
そういう意味で現在の司法試験は?
受験制度が大きく変わっています。
基本的に法科大学院を卒業しなければなりません。
受験回数も限られています。
とはいえそれでは貧しい人の受験機会を失わせることになります。
そのため何らの受験資格も設けない予備試験制度があります。
なお見過ごせないのは?
予備試験制度の方が合格率の高いことです。
試験問題を漏洩した教授もいましたが法曹界に進むなら?
心構えが大切なのでしょう。

■医師国家試験
文系最高峰が司法試験なら、理系最高峰は医師国家試験でしょう。
こちらは大学の医学部を卒業することが絶対条件です。
独学による道はありません。
大学でしっかりとした医学教育を受けることが前提です。
言い方は良くないですが、司法試験は机上の教育でも十分です。
判例を覚えることが基本になるからです。
しかし医者に対する教育は、実地が重要です。
解剖も不可欠です。
そうなると特別の教育機関を経るべきなのでしょう。
もちろんお金と時間はかかります。
とはいえある意味では天才も凡人も?
金持ちも貧乏人も?
受験制度としては平等なのかもしれません。
本人の努力次第で、道は拓けます。

■専門学校のメリットは
医師国家試験のように特定の大学を卒業しなければならない受験方法を除けば?
多くの国家資格は独学が可能です。
とはいえ独学にも限界があります。
そういう意味では専門学校へ通うのが一般的です。
では専門学校のメリットは何でしょうか?
例えば受験に特化した教育が受けられることです。
言い方を換えれば?
受験のテクニックを教えてもらえます。
資格取得後に求められる知識より、入試問題として出やすい内容に集中した講義が行われます。
ある意味では、考えさせられる点もあります。
しかしこのような状況は、受験制度を変えたとしても?
いたちごっこで変わらないのでしょう。
あとは本人の自覚次第です。

■通信講座が充実している
専門学校はライバル達と競い合える点がメリットでもあります。
とはいえ社会人など、時間が自由にならない人もいます。
また本当に独学が向いている性格も少なくありません。
そんな人たちのために、昨今は通信講座が充実しています。
テキストもわかりやすく作られています。
ネットを使えば?
専門学校での対面講座と内容は変わりません。
そもそも資格試験は教材の優劣で決まります。
無駄なところに時間とお金をかけない!
今後は通信講座が受験の主流になってくるでしょう。
それを裏付けるように大手受験業者も通信講座に進出しています。
生き残りをかけた熾烈な戦いは?
ここにもあります。

■最後は本人の頑張り次第
諸外国、かつての日本に比べれば甘い話ですが、現代日本も格差社会になっています。
親の年収や学歴で子供の学力に差が出る!
そんな指摘もあります。
とはいえ人のせいにしている間は、受験に合格できません。
最後は本人の頑張り次第です。
そういう意味では親以外の第三者が、子供達に対してどんな希望を示せるのか?
受験へのきっかけ、そしてやる気を客観的に与えてくれるからです。

カテゴリー

ピックアップ記事

pixta_15381575_M

2015.12.3

2016年度の小学校受験は一段落?結果は如何に

小学校受験は、他の受験とは異なり秋がシーズンです。 12月を迎える現在、2016年度入学者に対する受験が一段落しました。 とはいえ結果は…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る