夏は受験の天王山

pixta_15714687_M

夏は受験の天王山。

夏休みの過ごし方で受験の結果が左右されるとは、ずいぶん昔から言われていることですね。

そもそも受験のために勉強するという姿勢はあまり正しいとは言えないのだけれど、希望進路の実現のために努力することは良いことです。

どうせ努力するのならば、正しく効率よくやりたいところ。

そこで勧めたいのは、基礎の徹底と学習のタイミングを考慮した学習。

基礎の徹底は、特に算数・数学で効果的。

なんとなくわかったつもりで進めていくと、必ずつまずくからです。

どの教科でもそうだけれど、基礎ができていないと感じるのならば、できるだけ薄く簡単な問題集1冊を完璧にするところから始めます。

そうすると、それ以降の知識が自然と脳に入りやすくなるのです。

つづいて、脳の作りを上手に利用すること。

例えば、人がもっとも記憶を保持しやすいのは寝る前。

だから記憶すべき英単語や歴史などは寝る前に勉強します。

逆に、算数・数学といった考える勉強は、朝。

さらに、夜遅くまで勉強するよりも夜10時~午前2時は寝ているのがベストです。

多くの受験生を見てきたけれど、焦って過去問に当たるのがもっとも良くありません。

特に夏は、基礎を確実に身につけることが成功の秘訣ですよ。

カテゴリー

ピックアップ記事

Print

2015.12.21

小学校受験の家庭が年末年始に気を付けたい5つのこと

冬休みが近づきました。 小学校受験も一段落します。 年末年始は一時休戦です。 もちろん合格した家庭なら? 楽しいクリスマスやお正月が…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る