成人式とは何か?義務なのか

pixta_14266279_M

■成人式とは何か

成人式でヤンチャする若者が、多々話題になっています。
そもそも成人式とは何か?
それを勘違いしている人がいるようです。
とはいえ成人式を境に真面目になる?
理屈としては正しいのかもしれません。
武勇伝にしたいのでしょうが、成人式における常識を心得ておきましょう。

◆成人式では正装する

特にドレスコードはないのでしょうが、成人式では正装が常識!
考える人は多いでしょう。
大半の女性は振袖だし、羽織袴姿の男性も少なくありません。
だから着ぐるみやコスプレする人を見ると?
違和感を覚えるのかもしれません。
とはいえ何故正装するのか?
つまり成人式は、冠婚葬祭の冠です。
昔でいうところの元服です。
その日を境に子供から大人になる!
かつては人によって成人する日や歳が違っていました。
しかし今は20歳!
将来的に18歳になるようですが、一律に決められています。
精神年齢はそれぞれでしょうが、成人式は大切な儀式です。
そういう意味でも心を入れ替える!
今日から社会常識を身に付けてね!
正装することに意義があるのでしょう。

◆成人の日はいつ?

成人の日はいつか?
クイズの常識問題に出てきそうです。
かつては1月15日でした。
しかし2000年以降、いわゆるハッピーマンデー制度によって、1月の第二月曜日!
改正されました。
とはいえ連休になった方が?
該当者は故郷に帰りやすいので参加できる!
そんな意図はあるでしょう。
実際に帰省する関係から、お盆に成人式を挙行する自治体もあります。
期日に囚われず地域の実情に合わせて成人式を行うのが望ましいのでしょう。

◆成人式は同窓会

面積でみれば日本は狭い国です。
しかし常識の観点から比べれば?
日本は広い!
これは山や川など自然の境界線が多いためと考えられています。
道を一本挟んだら?
同じ常識が通じない?
多々あるものです。
成人式の日程もそうですが、しきたりや常識は地域によって違う!
それでも問題はないのでしょう。
だからこそ都会に出てきて、同郷人に会うと懐かしい!
嬉しい!
結束が強まるのです。
一方で故郷が素晴らしく感じる!
成人式が同窓会になる?
楽しい思い出になると良いですね。

◆成人式は義務?

成人式に出ない?
出席したくない人もいるでしょう。
基本的に成人式の招待状は、住民登録された自治体から送られてきます。
高校卒業して地方から上京した?
住所地を変更していれば?
都会の成人式へ行くことになります。
しかしそこに懐かしい友達はいない!
それでも参加すべきか?
成人式は義務ではありません!
変な常識に囚われてはいけません。
故郷に戻って出席するのも一法です。
ただし事前に自治体へ連絡しておきましょう。
それが成人の常識です。

カテゴリー

ピックアップ記事

Print

2015.12.21

小学校受験の家庭が年末年始に気を付けたい5つのこと

冬休みが近づきました。 小学校受験も一段落します。 年末年始は一時休戦です。 もちろん合格した家庭なら? 楽しいクリスマスやお正月が…

おすすめ記事

過去の記事

ページ上部へ戻る